レイキの始まり・歴史上の人物

創始者と言われているのは、 臼井甕男 (うすいみかお)先生です。

当時の日本の考えの多くは、レイキの不思議な力は、個人の資質や特定の宗教的存在が可能にするものと考えられてきました。

今、広く普及され広まった現在のレイキは、消滅していたかもしれません。

今あるレイキを救ったと言っても過言ではない代表的な人物に、ハワヨ・タカタさん、林忠次郎さんがいらっしゃいます。

 

 

1922年(大正11年)3月、臼井甕男(当時56歳)先生は悟りを求めて京都の鞍馬山に登り、断食修行を行いました。そして21日目の深夜に、強力な宇宙靈氣が貫き、その後は彼が手を触れると、癒しと浄化が起こるようになりました。

臼井先生から伝授を受けた人の中に、林忠次郎 (はやしちゅうじろう)先生がいます。

林忠次郎先生は、東京・信濃町で靈氣専門の療法所を開きました。8つの治療台と16人の靈氣療法家により、1人の患者を2人で施術する方式でした。臨床体験を活かす為に「林靈氣研究会」を作り、臼井靈氣療法をベースに独自の理論と技法を加えた「林靈氣療法」を確立していきました。

林靈氣研究会は、跡を継ぐ人がいなくて消滅しましたが、林靈氣療法をもとに作られた「直傳靈氣」が、現在は広まっています。

林靈氣療法の施術を受けた人の中に、ハワイ生まれの日系2世、ハワヨ・タカタ(高田はわよ)先生がいます。

ハワヨ・タカタ先生は1935年(昭和10年)に難病で、このままでは余命幾ばくもないと診断され、手術を受けることになりました。

しかし「手術以外に何か方法がある」という直感を受けたハワヨ・タカタ先生は、その方法を探っているうちに、林忠次郎先生の療法所を紹介されました。そして林靈氣療法を受けた結果、健康を取り戻していきました。

この効果に感激したハワヨ・タカタ先生は、林忠次郎先生に弟子入りし、そこで約1年間働いた後、ハワイに戻って療法所を開きました。そこでは施術に専念していましたが、1977年(昭和52年)頃から伝授を行い、22人のティーチャーを育成し、1980年(昭和55年)80歳で亡くなられました。

日本においては、戦後から忘れ去られたような状態にありましたが、1980年代後半、ニューエイジブームに乗って、海外から逆輸入の形で普及し、今、日本で多く広まっています。

 

臼井甕男
臼井甕男

創始者と言われているのは、 臼井甕男 (うすいみかお)先生です。

当時の日本の考えの多くは、レイキの不思議な力は、個人の資質や特定の宗教的存在が可能にするものと考えられてきました。

今、広く普及され広まった現在のレイキは、消滅していたかもしれません

林忠次郎
林忠次郎

今、現在しているレイキを救ったと言っても過言ではない代表的な人物に、
林忠次郎さんがいらっしゃいます。

臼井先生から直接伝授を受けた、林忠次郎 (はやしちゅうじろう)先生

ハワヨ・タカタ
ハワヨ・タカタ

林忠次郎先生から靈氣療法の施術を受けたのち、伝授を受けた。

ハワイ生まれの日系2

ハワヨ・タカタ(高田はわよ)先生

千葉ルームのご案内

千葉市若葉区都賀

JR都賀駅東口徒歩4分

*住所の詳細はご予約にて*

070-6651-3193(直通)

東口をおりて頂き、ロータリーを見て左に歩いて頂き線路沿いの道を歩きます。最後右道なりになると道路に出ますので左へ。飲食店をすぎもう少しあるくと坂を下る道が見えますのでそこを下り100mほど行くとブロック塀だけがある住宅後地があり左に曲がります。二件目の奥に入った家です。お車は一台停められます。

 

道に迷われましたら07066513193までおかけ下さい。

【電話受付】9:00~23:00

【面談対応】10:00~21:00

*完全予約制

*年中無休

(私用による休業日がございます。)

11月・12月の休業日

電話カウンセリング 無休

対面カウンセリング 無休

友だち追加

LINE@こころね不登校で情報をお送りしております♪よろしくお願いします